不確かな由来より今食べられる味が大事

カツカレーがいつ生まれたのかははっきりしていないらしい。 一説には1948年に銀座の洋食店「グリルスイス」で当時読売巨人軍に所属していた千葉茂選手が注文したのが最初とされる。 同店の常連客だった千葉選手がカレーも豚カツも大好物で、両方別に頼むのが面倒だから載せて提供してくれと頼んだ、とのこと。 また異説には、浅草の洋食屋体「河金」で大正14年から出していた、なんてのもある。 いずれの…

続きを読む

スポンサードリンク