チーズの分類とその由来についてのあれこれ

チーズの発祥はずっと中東だと思っていた。 羊の胃袋で作った水筒に山羊の乳を入れて旅をしていたら、いつのまにやらできていた、という説である。 チーズを作るためにミルクを固めることを凝乳というのだが、この凝乳を起こすためにレンネットと呼ばれる酵素を主体とした液体をミルクに加える。 このレンネット、羊をはじめとする偶蹄哺乳類の胃、それも幼い動物の胃からとれるのだ。 だからそうした動物の胃袋を洗浄や加…

続きを読む

スポンサードリンク