アジア生まれのフランスパン・サンドイッチ

2016/07/30 13:01
サンドイッチは世界中、どこにでもある料理だ。 まあ理由は簡単で、小麦やライ麦パンが今や世界のどこでも食べられる、ということとパンと具材をあわせるだけ、という単純な調理法のおかげ。 で、世界のどこでも食べられるということは、つまりご当地のレシピなんてのも出てくる。 例えばライ麦パンにコンビーフやザワークラウト、チーズをあわせてホットサンドにするとルーベンサンドとよばれるが、これはニューヨークの定番といわれている。 あるいはトルコ、イスタンブールのガラタ橋近辺では..

続きを読む

もっと見る

スポンサードリンク