ハンバーグの歴史と長い旅路の話

2016/09/21 19:03
ハンバーグの歴史というのは実に興味深いもので、日本からみたらすぐ、とは言わないまでも西に比較的な地域で発明されたにも関わらず、地球を半周以上してから日本にやってきたという来歴を持つ。 諸説あるが、最有力なのがタタール人のステーキ(タルタル・ステーキ)が原型だという説だ。 タタール人はモンゴルを中心とした遊牧民族のことだが、ヨーロッパから見た場合は東方の遊牧民はわりと一緒くたにしてタタール人だったらしい。 そういうわけで、この文脈でいうタタール人が、そのまま民族や部族..

続きを読む

もっと見る

スポンサードリンク